消費者金融・銀行でお金を借りる

消費者金融・銀行でお金を借りる | 1社目、2社目のキャッシング・カードローン

消費者金融、銀行でお金を借りたい人は、1社目、2社目のキャッシング・カードローンを利用することはできるのでしょうか。当サイトでは、金融機関別に、こちらを検討してみましたのでもし良かったらご覧になってみてくださいね。

公共料金を未払い・滞納するとどうなる?知っておきたい電気・ガス・水道料金の差し押さえの危険。信用情報に傷がつきブラックとなる可能性も!?

読了までの目安時間:約 15分

 

即日で公共料金を借り入れすることができるカードローンはこちら!

インターネットの簡単申し込みで最短1時間で利用可能になるアコム!

アコム

三井住友銀行への振り込みキャッシングサービスが便利なプロミス!

プロミス

周囲の人々に隠しつつ、即日キャッシングが申し込めるモビット!

モビット

即日キャッシングが可能ながら低金利で利用できる三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』!

バンクイック


公共料金を払わないと電気・ガス・水道が停止させられる?


皆様も毎月、公共料金を支払っているかと思われますが、公共料金の支払いを滞納してしまうとどうなるかご存じでしょうか?

多くの方は「電気とかガスが止められてしまう」ということはご存知かと思われます。

実際のところ、滞納が続くようですと電気・ガス・水道といったインフラが止められてしまうことはあります。

電気会社、水道会社、ガス会社によって対応は異なってくるのですが、あまりにも滞納を続ければ最終的には止められてしまうのは確かなようです。

実際に、テレビなどでも貧乏だった学生時代に電気やガス、水道が止められて大変なことになったなんて笑い話をしている光景もあります。

しかしながら、今一度、電気・ガス・水道が停止されたらどんなことになるかについて考えてみましょう。

・電気が停められた場合


現代日本において、電気を全く使わないで生活しているような人はほぼいらっしゃらないでしょう。

皆様が現在当記事をご覧になっているということはスマートフォン・携帯電話・PCなどを使っていらっしゃるのだと思われますが、それらの動力は電気です。

また、照明はもちろん、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなど日常的に使用している家電などは軒並み利用できなくなります。

選択できなければ服は汚れ、冷蔵庫がなければ食材の保存ができず、調理などに使う電子レンジがなくなれば調理法も限られてくるでしょう。

我々の生活はすでに電気なしでは成り立たなくなっていますので、電気が止められれば生活がままならなくなるのです。

・水道が停められた場合


飲料水はコンビニなどでも確保できますので、電気に比べれば停められてもいいかなんて考えている方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、水道が停まれば洗面所・風呂の機能が停止しますので、やはり社会で生活していくにはかなり不便になります。

まぁ、この二つについてはシャワーがある施設に行ったりすれば大丈夫なのかもしれません、一昔前でしたら銭湯に行っていた方も多いですからね。

ですが、流石に水洗トイレが使えないという状況に追い込まれれば水道料金を支払いを延滞することに対して危機感を感じるのではないでしょうか。

・ガスが停められた場合


近年ではガスコンロなども電気コンロなどで賄えるようになってきましたが、それでもまだガスも停められれば困るのではないでしょうか。

ガスストーブを利用している場合、暖をとる方法がなくなってしまいますので、やはり困るでしょう。

改めて考えてみますと、電気・ガス・水道が停止されれば非常に困ったことになってしまうということがご理解頂けたでしょうか?

日本が裕福と言われる所以は、インフラが充実しており、お金を払えば誰もが電気・水道・ガスを自由に使えるという点にあります。

そのインフラが使えなくなれば、日本に住んでいながら相当不便な生活になってしまいます。

便利な今の生活を維持するためにも、公共料金を滞納したり延滞することは避けたほうがよろしいでしょう。

imasia_10961429_XL

公共料金を滞納すると最悪の場合は差し押さえや裁判になることもある?


皆様は税金を支払わないと財産や給与の差し押さえをされてしまうということをご存じでしょうか。

国としても、税金の支払い能力があるにも関わらず支払わない人物に対しては財産を差し押さえたりして税金を強制的に支払わせるのです。

差し押さえなどを拒否しても国が行う差し押さえを拒否するのは相当難しいでしょう。

最悪の場合、裁判所に呼び出されて支払い命令をされるなんていう犯罪者めいた扱いを受けてしまうこともあります。

督促なんて無視して踏み倒せば時効になるなんていい加減な話をする人もいますが、税金の支払いを延滞し続けると最後に行き着くのは裁判だったり差し押さえだったりするのです。

実は公共料金でも財産の差し押さえ、もしくは裁判に発展することもありえます。

昔と異なり、電気・水道・ガスはそれぞれ民間の企業が扱う商品のような扱いになったのは事実です。

単純な話、我々は電気・水道・ガス会社に対してお金を支払うことで、商品を買い取るように電気・水道・ガスを使用しているのです。

それを利用したにも関わらず、支払いを延滞もしくは踏み倒そうとすれば100%延滞をしている側に責任があります。

電気・水道・ガスを扱う民間企業が利用者の財産を差し押さえたり、裁判沙汰にまで発展したケースはまだあまりみられません。

ですが、100%悪いのは利用者側になってしまいますので、電気・水道・ガス会社が訴えでようと思えば裁判沙汰になる恐れもあります。

公共料金を支払わなくて裁判所に呼ばれるなんていう不名誉な事態になってしまっては、皆様の社会的信用を著しく損なわれてしまうでしょう。

公共料金の支払いは延滞することなく、すぐに支払ってしまうことをお勧めします。

imasia_10957236_XL

公共料金を延滞しているとブラックになり、信用情報に傷がつく恐れもあります!


キャッシングの返済を延滞させてしまいますと、ブラックと認定されてしまうことはご存じでしょうか。

ブラックリストなんていう名称ではないのですが、信販会社やキャッシング会社はそれぞれ利用者の返済状況などに関する情報を共有しているのです。

そのため、返済の延滞を繰り返したりしてしまいますと、各ローンサービスの利用などができなくなってしまう恐れもあります。

基本的に公共料金の延滞に関しての履歴は残らないので、公共料金の延滞のみでブラックになってしまうことはなかったりします。

ブラックとして情報や履歴が残るとしたら、それはキャッシングやクレジットサービスの利用に問題があった場合です。

公共料金の延滞でしたら、特に信用情報にブラックの履歴が残ったりはしません。

ですが、全く残る可能性がないというわけではなく、ブラックの情報が残ってしまう事例もみられます。

果たして、どんな時に公共料金の滞納によって信用情報に傷がついてしまうのでしょうか。

◯公共料金の支払いをクレジットカード払いにしていた場合


普段、公共料金の支払いをクレジットカード払いにしている方は要注意です。

自分では公共料金の支払いを滞納しているつもりが、クレジットカードの支払い延滞していたなんてこともありえるからです。

クレジットカードの支払いを延滞してしまえば、ブラックの情報が残ってしまいます。

クレジットカード自体の利用も停止させられてしまう恐れもありますので、クレジットカード支払いにしている方は公共料金の支払いを延滞しないようにしましょう。

◯携帯料金関連の延滞


公共料金としては電話料金の支払いもありますが、携帯電話関連の延滞には注意が必要です。

携帯電話の本体の料金と一緒に電話料金を払っているという方もいらっしゃるかと思われますが、その場合、電話料だけでなく本体の代金の支払いをしていないことになります。

携帯の電話料金自体は滞納していてもブラックに残ることはありません、とはいえ、延滞を続けていれば問題になってきますけれどね。

ですが、携帯の本体の代金の支払いが滞っているのはブラックとして情報が残る事案となりますので、ブラックの情報が残ってしまいます。

携帯電話の電話料金だけを滞納しているようで、実は本体の分割払いを滞納していたなんてこともあるので、注意が必要です。

金融会社やクレジットカード会社は、皆様の申し込みがあると必ず審査を行っています。

そして、その審査の中では必ずブラックではないかということを確認しています。

そこでブラックだったりすると、どんなに収入が安定していても審査に通過させないという会社も珍しくありません。

延滞ブラックは5年間その情報が消えることはありませんので、長期間キャッシングサービスやクレジットカードを利用できなくなります。

クレジットカードが使えないとかなり不便になってしまいますし、自動車ローンや住宅ローンが使えないのは明るい未来に向けた将来設計をしていくうえで困ったことになるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

公共料金の支払いの延滞はブラックに残らない、そんな風にタカをくくっていると思わぬしっぺ返しをくらうこともあるので、延滞はしないようにしましょう。

imasia_10957952_XL

今日は公共料金を支払う日なのを忘れていた!そんな時はキャッシング会社を利用しよう!


当記事をここまで読んでいただいた方には、公共料金の支払いを延滞することの危険性について改めてご理解いただけたかと思われます。

ですが、いくら延滞はしてはいけないと固く心に刻み込んでも、人間というのはうっかりミスをしてしまうものです。

中にはうっかり公共料金を支払う日を忘れていて、お金が用意できないという方もいらっしゃるかと思われます。

このままではインフラを停められて、差し押さえされて、裁判沙汰になってしまう…なんて不安を感じている方もいらっしゃるかもしれません。

1日や2日でそこまで事態が悪いことになったりはしないのですが、それでもちゃんと払っておくことに越したことはありません。

公共料金を支払うお金の準備を忘れていたという方は、ぜひ消費者金融などを利用してお金を用意してください。

こちらではどんなキャッシング会社を利用すればいいのか、オススメのキャッシング会社の情報をまとめてみました。

土日・祝日・深夜でもお金が即日で借りられるキャッシング会社


公共料金のお金を用意するのを忘れてたなんて時に限ってお金が借りられないような時間帯だったり休日だったりするものです。

ですが、そんな時でも消費者金融アコムの会員になっておけば安心です。

アコムは土日・祝日・深夜であってもATMでのカードキャッシングや楽天銀行口座への振り込みキャッシングですぐに現金を用意できるのです。

昼でしたら、土日・祝日でも新規申し込みをインターネットで受け付けて、審査をすぐにはじめてくれる会社でもあります。

そのため、アコムでしたらすぐにお金を用意することができ、公共料金のお金の準備を忘れていたという場合でも安心してお金を用意することができるでしょう。


アコム

公共料金を支払うためだけに金利が高いキャッシング会社は利用したくないという方へ。


公共料金の支払うためにお金を借りて、利息を払うなんて割に合わないなんてお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

いや、現金を借りるためなのですから利息は払うのは仕方ないことです。

ですが、本来でしたら払う必要のないお金を払うことになってしまったということになりますので、利息を払いたくないとお考えの方は多いかもしれません。

そんな方は、無利息キャッシングサービスがあるアコムやプロミスを使ってお金を借りましょう。

アコムとプロミスは30日間の無利息キャッシングサービスがあるため、公共料金の支払い分を借りて、給料日ですぐに返済するといったスケジュールを組めば、利息負担をすることなく現金を借りることができるのです。

30日間の無利息キャッシングサービスのようなサービスを利用すれば、損をすることなく支払いを完了できるでしょう。

アコム

プロミス

公共料金を口座引落しで払っているのでしたら、振り込みキャッシングを利用しましょう。


当記事をご覧の方の中には、公共料金を自動引き落としの形で支払っている方もいらっしゃるかもしれません。

三井住友銀行など、メガバンクの銀行口座は公共料金の自動引き落とし支払いサービスを行っています。

そんな三井住友銀行の口座に、SMBCコンシューマーファインナンスのプロミスでしたら会員サービス『瞬フリ』いつでも振り込みキャッシングすることが可能です。

土日・祝日・深夜を問わず手数料無料で振り込みキャッシングが完了しますので、スマートフォンなどで自宅に居ながら公共料金を振り込むことができます。

プロミスのように振り込みサービスを行うキャッシングサービスでしたらうっかり支払いを忘れていた時も、すぐに支払うお金を振り込めるのです。

以上で説明しましたように、アコムやプロミスは公共料金のお金を借り入れるのに適しているキャッシングサービスですので、ぜひご利用ください。

アコム

プロミス

公共料金の支払いにおいては、低金利で利用することができる三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』での借入もオススメです。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』は年4.6%〜14.6%と金利が低いため、公共料金のお金を借りる際にもお得になります。

バンクイックは銀行カードローンでありながら即日でカード発行もでき、即日キャッシングができる銀行カードローンとなります。

そのため、公共料金の支払いといったスピードキャッシングを必要とすることに対しても効果を発揮します。

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』も公共料金を借りることに適していますので、ぜひご利用をご検討ください。

バンクイック

imasia_10933449_XL



※アコムの最大30日間の無利息キャッシングは、アコムでの借入が初めての方のみが対象となります。
※モビットの即日融資や審査時間最短30分については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。

 

公共料金   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る