消費者金融・銀行でお金を借りる

消費者金融・銀行でお金を借りる | 1社目、2社目のキャッシング・カードローン

消費者金融、銀行でお金を借りたい人は、1社目、2社目のキャッシング・カードローンを利用することはできるのでしょうか。当サイトでは、金融機関別に、こちらを検討してみましたのでもし良かったらご覧になってみてくださいね。

公共料金を滞納するとどうなる?水道や電気は本当に止まるのか

読了までの目安時間:約 17分

 


水道代、電気代、ガス代など、ほとんどの人が支払っている公共料金

水道料金や光熱費といったワードは、テレビ番組で披露される主婦の節約術芸人の貧乏時代のエピソードでも、よく登場しますよね。
それだけ大きな出費ということであり、それぞれが数千円だからといって、バカにはできません。
しかも、その出費が毎月決まってやってくるわけですから、時には悩みの種となることもあります。

残高不足で引き落としができないなどによって、公共料金が滞納、延滞、未払いの状態になってしまったら、いったいどうなるのでしょうか。

水道、電気、ガスは本当に止められるのか……? その後はどうなる……?

そのような疑問を解明するべく、こちらのページでは公共料金の滞納について、詳しく解説していきます。

公共料金

公共料金の滞納で水道・電気・ガスは止められる?



水道料金や光熱費といった公共料金の支払いを滞納すると、どんな影響があるのでしょうか。
よく聞く「電気やガスが止められてしまう」という話は本当なのでしょうか。

結論から言うと、
一定期間、滞納や未払いが続くようですと水道、電気、ガスといったインフラが止められてしまうことはあります。

水道会社、電気会社、ガス会社によって対応は異なってくるのですが、あまりにも滞納を続ければ最終的に止められてしまうのは確かです。

それぞれが止められるまでの流れを、おおまかにはなりますが確認していきましょう。

水道料金の滞納が続くと


生命活動でもっとも重要なのが、水です。
飲料水はコンビニなどでも確保できますし、銭湯やコインランドリーを利用すれば、水道料金を滞納して水道が止められてもなんとかなる、と思う人もいるかもしれません。

ですが、蛇口をひねればいつでも水がでる生活を失うことは、やはり不便です。
飲用だけでなく、風呂、洗濯、トイレなど、生活用水のすべてを外部に頼ることは難しいですから、水道の停止は避けたいところです。

まずは、水道料金の延滞によって水道が止められるまでの流れを知っておきましょう。

水道代
水道料金を滞納してから約1ヵ月が経過すると、督促の書類が届きます。

最初に届く督促書類が「催促状」です。
その後も滞納が解消されないようなら、「勧告状」が届くこともあります。
さらに滞納を続けてしまうと、ついに最後通告として「給水停止の予告状」が送られてきます。

これは言わば、水道料金の滞納におけるイエローカード
この書類が届いてからも滞納したままでいると、いつ水道が止まってもおかしくありません。

また、書類のみでの通知では見落としの可能性もあるため、自治体によっては電話連絡による督促も同時に行うことがあります。
電話がつながらない場合は自宅に訪問にくる水道局もあるので注意したいですね。

滞納、延滞が始まってから水道が停止されるまでの期間についても、各自治体によって異なりますが、待ってもらえるのはだいたい2~4ヵ月ほどだと思っておきましょう。

公共料金の滞納の目次に戻る

電気料金の滞納が続くと


インターネットの利用が当たり前となり、便利な家電製品が次々に登場するなど、いまや電気の力は私たちの生活に欠かせないものとなっています。
逆に言えば、電気がないととにかく不便な世の中でもありますから、電気代の滞納、未払いによって電気を止められるなんてことは、ゼッタイに嫌ですよね。

次は、電気料金の滞納によって電気が止められるまでの流れを知っておきましょう。

電気代
電気料金の支払いには2回の期限日が設定されています。

1回目は通常の「支払期限日」、2回目が「最終期限日」です。

基本的にはどの電力会社も、支払期限日は「検針日の翌日から30日目」としています。
最終期限日は、多くの会社が「支払期限日の翌日から20日目」としています。

最終期限日とはいうものの、この日を過ぎてもまだ、すぐに電気が止まることはありません。

電気を止められる前には、「送電停止の予告通知」があるのです。

これが電気料金の滞納におけるイエローカードです。
ハガキなどの郵便物というかたちで自宅に届くので、見落としには注意してください。

この通知があって以降も電気料金の滞納、未払いの状態を続けると、数日~1週間程度たってから送電が止められます。

水道料金を滞納した場合と比べると、電気が止められるタイミングの到来は早めです。
元々の支払い期限から数えると1ヵ月程度しか猶予がありませんから、延滞には気をつける必要があるでしょう。

公共料金の滞納の目次に戻る

ガス料金の滞納が続くと


オール電化などという言葉もあるように、ガスは、水道や電気と比べると、止められてもダメージが少ないライフラインかもしれません。
ですが、ガスコンロやガスストーブなど、ガスが役に立つ場面はまだまだ多いですよね。

特に、暖をとりたい冬場などは、ガスを止められるなんて考えられない! という人もいるはずです。

最後は、ガス料金の滞納によってガスが止められるまでの流れを知っておきましょう。
(※都市ガスを利用しているものとします)

ガス代

ガス代の支払い期限日は、基本的には検針日の翌日から30日目となっています。
振込用紙に記載された期限日を過ぎてもガス料金を滞納したままだと、「ガス供給停止の予告」が書類で届きます。

これがガス料金の滞納におけるイエローカードであり、これに書かれている「最終支払期限日」までに延滞を解消していないと、すぐにでもガスが止まる可能性があります。

ガス代の滞納についても、電気料金と同じく、猶予は元々の支払い期限から1ヵ月ほどであることが多いです。
「水道代の滞納よりも、光熱費の滞納のほうが猶予が短め」であることは、頭の片隅に置いておいたほうがよいかもしれませんね。

公共料金の滞納の目次に戻る

公共料金の滞納の果て。差し押さえや裁判の可能性も?




税金は、悪質な滞納を続けると財産や給与の差し押さえをされてしまうことがあります。
最近は、その様子を特集したテレビ番組が盛んに放送されているので、知っている人も多いでしょう。

税金の支払い能力があるにも関わらず支払わない人物に対しては、国としても毅然と対応し、財産を差し押さえたりして税金を強制的に支払わせるのです。
最悪の場合、裁判所に呼び出されて支払い命令をされるなんていう犯罪者めいた扱いを受けてしまうこともあります。

督促なんて無視して踏み倒せば時効になるなんていい加減な話をする人もいますが、税金の支払いを延滞し続けると最後に行き着くのは裁判だったり差し押さえだったりするのです。

実は公共料金でも財産の差し押さえ、もしくは裁判に発展することもありえます。
裁判の可能性 昔と異なり、水道・電気・ガスはそれぞれ民間の企業が扱う商品のような扱いになりました。
単純な話、我々は水道・電気・ガス会社に対して公共料金を支払うことで、商品を買い取るように水道・電気・ガスを使用しているのです。

それを利用したにも関わらず、支払いを滞納もしくは踏み倒そうとすれば、100%、滞納をしている側に責任があります。

水道・電気・ガスを扱う民間企業が利用者の財産を差し押さえたり、裁判沙汰にまで発展したケースはまだあまりみられません。
ですが、水道・電気・ガス会社が訴えようと思えば、裁判沙汰になる可能性は大いにあります。

公共料金の滞納が原因で裁判所に呼ばれるなんていう不名誉な事態になっては、社会的信用が著しく損なわれてしまいます。

公共料金の支払いは延滞することなく、すぐに支払ってしまうことをお勧めします。

公共料金の滞納の目次に戻る

公共料金の滞納は信用情報に影響する?



キャッシングの返済を延滞してしまうと、ブラックと認定されてしまうことがあるのはご存じでしょうか。

実際にブラックリストという名簿があるわけではないですが、信販会社やキャッシング会社はそれぞれ利用者の返済状況などに関する情報、つまり信用情報を共有しています。

そのため、返済の延滞を繰り返したりすると、信用できない人物としてブラック認定され、各ローンサービスの利用などができなくなってしまう恐れがあります。

基本的に、公共料金の滞納に関しての履歴は残らないので、公共料金の延滞のみでブラックになってしまうことはありません。

ブラックとして情報や履歴が残るのはキャッシングやクレジットサービスの利用に問題があった場合なので、公共料金の延滞が信用情報に影響を与えることはありません。

ですが、全く残る可能性がないというわけではなく、ブラックの情報が残ってしまう事例もみられます。
果たして、どんな時に公共料金の滞納によって信用情報に傷がついてしまうのでしょうか。

公共料金のクレジットカード払いには注意

クレカ
普段、公共料金の支払いをクレジットカード払いにしている方は要注意です。

自分では単純に、公共料金の支払いを滞納しているという理解であっても、その公共料金の支払いにクレジットカードを利用していれば、それはクレジットカードの支払いの延滞にすり替わります。

クレジットカードの支払いの延滞は、信用情報に影響を与えるかもしれない記録です。

クレジットカード自体の利用も停止させられてしまう恐れもあるので、クレジットカード支払いにしている人は公共料金の支払いを延滞しないようにしましょう。

携帯料金の滞納でブラックになる?

スマホ
公共料金としては固定電話の電話料金の支払いもありますが、最近はスマホ・携帯電話の普及に伴って、固定電話の数は減っていますね。
携帯電話の料金は公共料金ではないですが、毎月の決まった出費という点では、近いものがあります。

スマホ・携帯電話は、もはや1人1台は持っていて当たり前になりつつあり、生活必需品と言えます。
ですが、格安スマホの登場政府による携帯代の引き下げ検討などの話題からもわかるように、携帯料金の出費も決して小さいものではありません。

そのスマホ代・携帯代の滞納にも、注意が必要です。

携帯電話の本体の料金と一緒に電話料金を払っているという人もいるかと思いますが、その場合、電話料金だけでなく本体代金の支払いをしていないことになります。

携帯の電話料金自体は滞納していても信用情報の記録に残ることはありません。(もちろん、良いことではないですけれどね)

携帯の本体の代金の支払いが滞っているのはブラックとして信用情報に影響を与えるかもしれない事案なので、場合によっては信用情報がブラックになってしまいます。
携帯電話の電話料金だけを滞納しているようで、実は本体の分割払いを滞納していたなんてこともあるので、注意が必要です。

金融会社やクレジットカード会社は、申し込みがあると必ず審査を行っています。
そして、その審査の中では必ずブラックではないかということを確認しています。
そこでブラックだったりすると、どんなに収入が安定していても審査に通過させないという会社も珍しくありません。

延滞ブラックは5年間その情報が消えることはないので、長期間キャッシングサービスやクレジットカードを利用できなくなります。

クレジットカードが使えないとかなり不便ですし、自動車ローンや住宅ローンが使えないのは明るい未来に向けた将来設計をしていくうえで思わぬ障害になることも。

公共料金の支払いの延滞はブラックに残らない、そんな風にタカをくくっていると思わぬしっぺ返しをくらうこともあるので、延滞はしないようにしましょう。

公共料金の滞納の目次に戻る

公共料金を支払い忘れた時はキャッシング利用もアリ



キャッシング
当記事をここまで読んで、公共料金の支払いを滞納することの危険性をわかっていただけたでしょうか。

ですが、いくら延滞はしてはいけないと固く心に刻み込んでも、人間というのはうっかりミスをしてしまうものです。
時にはうっかり公共料金を支払う日を忘れていて、お金が用意できないということもあるでしょう。

1日や2日の滞納のせいでそこまで事態が悪いことになったりはしませんが、そうした油断はずるずると滞納期間が延びていく原因ですから、すぐに払っておくことに越したことはありません。

このような状況に陥ったとき、解決策のひとつとして「個人間融資」を思いつく人もいるかもしれませんが、正直、これはおすすめできません。
余計なトラブルを引き寄せる可能性も高いですし、いろいろ面倒ですからね……。

個人間融資の危険性については、別の記事で解説しているので、気になる人は参考になさってください。
個人間融資の口コミをチェックする



また、後払い機能のあるバーチャルカードアプリ「バンドルカード」は役に立つかもしれませんが、登場したばかりの金融アプリですし、急な利用には戸惑う人もいるかと思います。

バンドルカードについては、こちらに体験談が参考になるかもしれません。
バンドルカードをチェックする


公共料金を支払うお金の準備を忘れたという人は、キャッシングサービスなどを利用してお金を用意するのが安心だと、個人的には感じます。
例えば、あの有名な「アコム」「プロミス」です。

土日祝日でも即日融資が可能な金融機関


公共料金のお金を用意するのを忘れていた時に限って休日だった、というのはあるあるかもしれませんが、そんな時もお金を貸すのが専門のアコムやプロミスなら安心です。

アコムやプロミスでは、土日・祝日であってもATMでのカードキャッシングや銀行口座への振り込みキャッシングですぐに現金を用意できます。
アコムは深夜帯すらもカバーしてくれるので、より一層、便利です。

公共料金が口座引落しなら振り込みキャッシングが便利


公共料金を毎月振り込むのは面倒ですから、銀行口座からの自動引き落とし支払いを利用している人も多いと思います。

そのような場合、

・自動引き落とし口座が楽天銀行ならアコム
・自動引き落とし口座が三井住友銀行ならプロミス

を利用することで、時間帯を問わず、手数料無料で振り込みキャッシングを利用できます。

スマートフォンなどを使って自宅に居ながらお金を振り込むことができるので、公共料金をうっかり支払い忘れた時も、焦る必要がないのです。

公共料金のためとはいえ利息がつくなんて納得できない!


公共料金の支払うためにお金を借りて利息を払うなんて割に合わない、と感じる人もいると思いますが、現金を借りる以上、利息を払うのは仕方ないことです。

ですが、アコムやプロミスには、初回利用者への特典として無利息キャッシングサービスがあります。

1回限りの手段にはなりますが、公共料金の支払い分を借りて給料日ですぐに返済するといったスケジュールを組めば、利息負担をすることなくその場を切り抜けられるかもしれません。

アコムやプロミスは、公共料金の滞納といった場面に限らず、
少しでいいから、急いでお金を用意したい! といった時にこそ、力を発揮するサービスです。

銀行のサポートを受けて運営する安心と人気のサービスですから、一度、利用を検討してみてはどうでしょうか。

アコム、プロミスについて気になる人は、以下のボタンから公式サイトにジャンプできます↓↓

アコム公式へ   プロミス公式へ


公共料金の滞納の目次に戻る



※アコムの最大30日間の無利息キャッシングは、アコムでの借入が初めての方のみが対象となります。
※アコムの無人契約機むじんくんは年中無休ですが、年末年始期間は除きます。
【むじんくんの年末年始営業時間】
12/31(日)8時00分~18時00分まで
01/01(月)休業
※アコムは、12/31の18時以降、1/1についてはインターネットでの申込は可能ですが審査回答や契約の手続きは1/2以降となります。
※SMBCモビットの即日融資や審査時間最短30分については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。
※株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

 

公共料金   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る