お金がなくてガス料金を滞納。ガス代を延滞し続けたり、踏み倒したりすると差し押さえの危険もあります!

ガス料金の支払いをしないで滞納するといつガスが止まるのでしょうか?


最近はコンロなども電気化してきたりして、ガス料金も払うことが少なくなってきました。

とはいえ、ガスコンロを利用していたり、お風呂を沸かしたりといった形でまだまだガスも使うことになるかと思われます。

そんなガス料金ですが、支払いを滞納してしまいますと他のインフラと同じく止められてしまうこともあるのです。

インフラなど公共のサービスは利用者全員がお金を支払っていないと、他の方にも悪影響を与えることもありますので、ガス会社としても料金を滞納している方の利用を認めるわけにはいかないのです。

はたして、ガス料金の支払いをせずに滞納しているといつ頃ガスを止められてしまうのでしょうか。

ガス料金を滞納したからといってガス供給が即座にストップするわけでもありません。

まずは支払いが滞納されていることのお知らせや督促状を送付してきます。

滞納した日から30日後を納入期限とする会社が多いので、それまでには納めましょう。

そうした督促を放置しておりますと、いよいよガス供給がストップされることとなってきます。

東京ガスや大阪ガス、北海道ガス、中国ガス、四国ガス、など大手ガス会社は滞納してから50日後に停止することが多くなっております。

50日後に停止されてしまえば、炊事や風呂の利用などができなくなってしまいますので不便です。

とはいえ、比較的時間的余裕はありますので、滞納したとしてもすぐに支払いを行えばガスが止められてしまうということはありません。

そのため、ガスが止められるまでに支払いをすることをオススメします。

消費者金融のプロミスはインターネットで申し込めば最短1時間で現金が借りることができるという、スピード性に優れた会社です。

30日間の無利息キャッシングもありますので、ガス料金や公共料金の未納分のお金を借りても30日以内に返済してしまえば利息負担は全くありません。

現時点でガス代に充てるお金が確保できないという方は、ぜひプロミスを利用してお金を借りて納めてしまいましょう。



imasia_10961429_XL

ガス料金の支払いをすればガス会社は供給を再開してくれます


上記でも説明しましたように、延滞してから30日経ってしまえばガス供給はストップされてしまいます。

日常生活において、ガスが使えないとなると様々と不便なことが起きてしまいますので、なるべく早めにガスの供給を再開してほしいところです。

一体、どうすればガス供給を再開してもらえるのでしょうか。

答えは簡単で、滞納していた分のガス料金を支払えば、ガス供給を再開してもらえます。

東京ガスでは午前中までに窓口か振り込みで滞納分の料金を支払えばガス供給が再開されるのです。

他の大手ガス会社ですと、17時頃まで待ってくれることもありますので、早めに延滞分のお金を支払ってしまいましょう。

先ほども紹介したプロミスですが、午前中までに申し込めば最短1時間でお金を借りることができる可能性が高い会社です。

スマートフォンなどで申し込めばすぐに借り入れることが可能ですので、職場からなどでも申し込むことができるでしょう。

ガスが止められた段階ですぐに申し込んでお金を借り、そのお金をガス会社に支払えば即日でガス供給を再開してもらうことが可能です。

ガス供給をすぐに再開してもらいたい方は、ぜひプロミスに申し込んで延滞分のお金を支払いましょう。



imasia_10961433_XL

ガス料金の滞納で延滞金や延滞利息が発生することも?!


ガス料金を滞納していれば、ペナルティとして延滞金や延滞利息が発生することもあるのです。

東京ガスを例とすると、東京ガスは延滞から41日後から延滞金が発生します。

東京ガス以外のガス会社でもほとんどの会社は40日程度経ちますと延滞金・延滞利息が発生してくるので、注意が必要です。

延滞利息ですが、年10%の利息となりますので、放置し続ければどんどん延滞利息負担が増してきてしまいます。

そのため、延滞金や延滞利息が発生する前に未払い分を支払っていくようにしましょう。

とはいえ、支払うお金が無ければ、未払い分を支払うこともできません。

支払うお金がないという場合は、無利息キャッシングサービスのあるプロミスを利用して支払うお金を借りましょう。

プロミスは利用用途自由なカードローンとなっており、借りたお金を料金の支払いに使っていくことも可能です。

プロミスの30日間無利息キャッシングを利用して返済してしまえば、利息負担なく返済できますので、ぜひプロミスへお申し込みください。

imasia_10957952_XL

ガス料金を延滞して引っ越しをしました。これって踏み倒したことになりますか?


住居でガスを利用した際に発生するのがガス料金ですので、引っ越してしまえばいいのではとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、引っ越しをしたからといって支払いの請求をする権利をガス会社は持っていますので、帳消しになることはありません。

延滞して引っ越ししても支払う義務が無くなるというわけにはいきませんので、ご注意ください。

延滞していれば、それだけ延滞利息が発生し続けてしまい、利息負担はどんどん増え続けてしまいます。

そのため、本来支払うべきお金以上の料金を請求されることにもなりかねませんので、ご注意ください。

imasia_10957236_XL

ガス料金を滞納・未納状態が続くと最悪差し押さえの危険性が!!


滞納分の利息が発生し続けるのも困りものですが、それでも放置し続けますとさらに大変なことになりかねません。

公共料金の滞納というのは利用者側に100%の過失がある行為ですので、ガス会社としても督促する権利があります。

その督促を無視し続けてしまうと、ガス会社としても差し押さえという手段に出るしかなくなってしまうのです。

大阪ガスなどは滞納が長引きますと債権回収会社に料金の回収を委託します。

債権回収会社は皆様の財産や給与などを差し押さえて、ガス料金の滞納分と延滞利息分のお金を回収しています。

この差し押さえは拒否することができませんのでご注意ください。

また、状況次第では裁判所を交えた差し押さえになることになりかねませんので、裁判所に出頭しなければならない恐れもあります。

何よりも、ガス料金の支払いを遅らせて差し押さえられているなんてことが周囲の人にバレれば社会的信用を失ってしまいかねません。

一度失った信用を取り戻すのは難しいですので、差し押さえなんてことになる前に滞納分を支払いましょう。

以上で説明しましたように、滞納・未納の状態が続いてしまうと最悪の場合差し押さえなんて事態に発展することもあります。

差し押さえされるくらいでしたら、キャッシングサービスを利用して早めに支払った方がよろしいでしょう。

プロミスでしたら無利息キャッシング期間もあるのですから、早めに申し込んで滞納・未納状態から脱しましょう。

imasia_10952071_XL

ガス料金はまとまったお金が支払えない場合は分割払いできますか?


延滞しているガス料金を支払おうと思っても、お金が無いことには支払うことができません。

諸事情があって支払うことができないという場合はガス会社に相談して分割払いにしてもらいたいところです。

しかしながら、ガス会社は料金の分割払いを認めていない会社が多く、広島ガス以外では分割にすることができません。

imasia_10952076_XL

一時的にガス料金等の公共料金が支払えないならばカードローンで支払いをするのもアリです!


上記で説明してきましたように、ガス料金などの公共料金の支払いを滞納し続けると様々とペナルティが発生します。

利息は発生し続けますし、最悪の場合裁判沙汰になることもあるので、延滞はしないようにするべきです。

プロミスで借りたお金の使い道は自由ですので、公共料金の支払いにも充てることが可能ですので、延滞してしまいそうな方はプロミスを利用しましょう。

また、すでに延滞してしまっている方もすぐに延滞分の料金を支払えば傷を浅くすることができますので、早めにプロミスでお金をかりてお支払いください。



imasia_10933597_XL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です