千葉銀行のちばぎんカードローンの審査の在籍確認では勤務先に電話連絡はなしなの?郵送物もなし?

imasia_2434696_XL

千葉銀行(ちばぎん)でカードローンを利用すると郵送物なしなの?審査在籍確認で勤務先への電話連絡なしって本当?

千葉銀行のちばぎんカードローンの審査時には在籍確認として勤務先への電話連絡が必ずあります。
この電話連絡は欠かすことはできず、どうしてもできないということであれば審査に通れる可能性は100%ありません。

また、審査に通った後にはキャッシュカードなどが入った郵送物として封筒が自宅へと届きます。
原則として、郵送物の外側には「千葉銀行」という名称のみが入り、「カードローン」という言葉が見えることはありません。
ただし、誤って家族の誰かに中身を見られてしまった場合はカードローンに申し込んだことがバレてしまいます。
「銀行から封筒届いていたけど何だったの?」と家族に尋ねられても、中身はそこそこ分厚いですのでダイレクトメールだったという嘘が通ることはまずないでしょう。

何とか隠し通せたとしても、次回以降カードローンに関する明細書といった郵送物が届く可能性も高いため、せっかくナイショで申し込んだはずのカードローンなのにヒヤヒヤしながら使わなければならない羽目になってしまいます。

そんなことにならないためにも、在籍確認の電話連絡も自宅への郵送物配布もできればシャットアウトしたいものです。

それでは、そんな両方の悩みを一挙に解決できるカードローンというものは存在するのでしょうか?

それができるのが、SMBCモビットのWEB完結申し込みになります!

SMBCモビットのWEB完結申し込みは、カードローン業界でも唯一審査時の勤務先への電話連絡をなしに、そして自宅への郵送物の配布もなしにしてくれます!

SMBCモビット

職場への在籍確認の電話連絡は元々、申し込み者にしっかりとした返済能力があるのかを確かめるために行うものです。
申し込み者の自己申告だけで融資限度額を決めていたのでは、債務者の返済能力を越え貸付金が戻って来ない可能性も出てきますよね。

それを未然に防ぐために、カードローンを取り扱う全ての金融機関は事前に申し込み者の年収を調べます。

けれど、所得証明書を用意してもらうのは手間なこと…。
かといって、年収といった個人情報は、たとえ銀行であっても調べあげることは難しく骨が折れることです。
そこで取り入れられたのが、消費者金融カードローンの行っていた勤務先への在籍確認でした。

これを利用すれば、直接申し込み者の勤務先を回らずとも、ちゃんと申告された勤務先に勤めているのかどうかが分かるというわけです。

基本的に消費者金融は改正賃金業法という法律の総量規制といった制度により、申し込み者の年収の3分の1以上のお金を貸付できない決まりになっていますので、消費者金融は必ず申し込み者の年収を調べる必要があります。
銀行は総量規制の対象となりませんが、前述しました通り、申し込み者が貸したお金を返せる能力があるのかどうかを見極める必要があるため、必須ではないものの個人の年収は必ず調べるようにしているのです。

つまり、個人の年収を調べることは必須ですが、それを勤務先への電話連絡で必ず行わくてはいけない、という決まりはありません。
これを利用したのが、SMBCモビットのWEB完結申し込みです!

SMBCモビット

WEB完結申し込みは勤務先への電話連絡がない代わりに、本人確認書類に加えて収入証明書類や健康保険証、直近1ヶ月分以上の給与明細書を用意する必要があります。

これらの書類を集めるのは少々骨が折れるかと思いますが、その分勤務先への電話連絡をなしにできます!

どちらをメリットと取るかデメリットと取るかは選ぶ本人次第ですが、通常のカードローンの申し込みとは一線を画しているのは明白です!
もし、在籍確認でお悩みの方は、是非SMBCモビットのWEB完結申し込みを検討されてみてはいかがでしょうか?

他にもお勧めなのはプロミスです!
プロミスなら最大30日間無利息で金利ゼロ円となるサービスをやっています。
この金利ゼロサービスを上手く使えば、ちばぎんカードローンのような銀行カードローンよりもお得に借入をすることもできます!

それでは、引き続き、ちばぎんの審査はどのように行われるのか?
といった点を中心にお話を進めていきたいと思いますので是非ご覧下さい!

プロミス

imasia_10952076_XL

千葉銀行カードローンの審査基準は厳しい?在籍確認の方法は?郵送物で夫、妻、両親にバレない?

千葉銀行カードローンには審査の在籍確認として勤務先への電話連絡があり、

それがとても重要なことであることは前回の記事で書かせていただきました。
また、勤務先への電話連絡をなしにできるカードローンとして、SMBCモビットのWEB完結も強くお勧めさせていただきました。

それでは、この在籍確認は一体どのように行うのでしょうか?

SMBCモビットのWEB完結申し込みは、前回ご説明させていただいた通り、書類だけで在籍確認を行ってくれます。書類の写しを提出すれば、その内容を精査して担当者の方が審査を行ってくれますので、特にこちら側で心配することはありません。

それでは、ちばぎんのように多くの金融機関が取り入れている在籍確認の電話連絡、これは一体どのように行われているのでしょうか?
まず、担当者は申し込み者の申請した勤務先へフリーダイヤルで電話をかけます。このとき、最初に担当者は必ず個人名だけを名乗り、金融機関名やカードローンに関する電話であることを伝えることは一切ありません。

しかし、電話をかけた時に必ずしも申し込み者本人が電話に出られるとも限りません。
そういう場合は、勤務先で電話を受けた人が「○○さん(カードローンの申し込み者)は只今電話に出ることはできません」といった旨を伝えてくれるかと思います。

この言葉を引き出すことができれば、申し込み者が勤務先に在籍していることは明らかとなりますので、在籍確認は為されたということになります。

つまり、たとえ申し込み者本人が休みだったり出張で勤務先にいない場合でも、勤務先への在籍確認は認められる可能性が高いということになります。

各金融機関はカードローンの在籍確認で、特にプライバシー保護に関しては慎重に取り扱ってくれています。
なので、たとえ在籍確認の電話連絡があったとしても、勤務先の同僚の方や上司にカードローンの申し込みのことがバレる可能性はまずありません。

ただし銀行のカードローン審査の在籍確認の場合は、稀に、銀行側が顧客の勤務先に個人名を名乗って電話連絡をする場合もありますので注意しておいた方が良いかと思います。

消費者金融のプロミスでも勤務先への電話連絡は行われますが、必ず個人名です。
また、顧客の悩みや心配ごとについて親身に相談に乗ってくれるため、悩みや疑問についても応えてくれます!

プロミス


プロミスなら全国にある自動契約機でキャッシュカードを直接受け取ることができるので、自宅への郵送物の届かなくすることも可能です!
また、SMBCモビットは銀行振込のみの融資でキャッシュカードを使わないため、そもそも自宅へ郵送物が配送される心配もありません!

たとえカードローンという文字が書かれていなくても、カードローンに関する郵送物を届かなくして家族(夫や妻、両親、子供)にバレることを防ぎたい!と考えている方には特にお勧めです!!

審査基準に関しては難しすぎるということもありませんが、一般的には消費者金融カードローンよりも銀行カードローンの方が審査は厳しいとされています。
また、ちばぎんは融資限度額が最低30万円からですので、プロミスやSMBCモビットのように最低1万円からの融資をしてもらえるカードローンよりは必然的に審査のハードルは高くなります。
しかし、決して消費者金融の審査が甘いということはありませんのでその点はご注意下さい。

簡単にちばぎんとプロミス・SMBCモビットについてご説明させていただきました。
SMBCモビットのWEB完結申し込みは在籍確認時の勤務先への電話連絡なし、自宅への郵送物の配送もなしといった強みが、プロミスは無利息期間もあり、尚且つ親身に相談に乗ってくれるという強みを持っていることが分かっていただけたのではないかと思います!

是非カードローンのお申し込みをご検討の際は、プロミスとSMBCモビット!
こちらの2つのカードローンを候補の中に加えてみて下さい!!

プロミス

SMBCモビット

imasia_12966826_XL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です