消費者金融・銀行でお金を借りる

消費者金融・銀行でお金を借りる | 1社目、2社目のキャッシング・カードローン

消費者金融、銀行でお金を借りたい人は、1社目、2社目のキャッシング・カードローンを利用することはできるのでしょうか。当サイトでは、金融機関別に、こちらを検討してみましたのでもし良かったらご覧になってみてくださいね。

電気代の滞納はいつまで待ってもらえる?何ヶ月の未払いで送電停止されますか?

読了までの目安時間:約 4分

 

電気代の滞納


この記事をご覧になっている方の中には、電気代を滞納してしまいそう、もしくはすでに滞納していたことに気づいたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

電気代の支払いは自動引き落としやクレジットカードを利用している方も多いかと思われますが、クレジットカードなどの支払いができていなかったりすると滞納扱いになりますのでご注意ください。

現代日本に住んでいる方にとって電気というのは最早必要不可欠なものですが、電気代の滞納しつづけてしまうと、最悪の場合、電気が止められてしまいます。

そんな事態になれば生活や仕事に多大なる悪影響を与えてしまうでしょう。

そういった事態を回避するためにも、すぐにお金が借りれる消費者金融モビットを使って電気代を用意するというのはいかがでしょうか。

消費者金融モビットはスマートフォン・携帯電話・パソコンからの簡単な申込みのみでキャッシング契約ができ、すぐにお金が借りられます。

また、借りたお金の利用用途は自由となっており(事業性資金は除く)、電気代の支払いにも利用可能となっているのです。

そのため、モビットにあらかじめ入っておけば電気代が払えないなんてことにはならないため、滞納を避けることができます。

すでに電気代の滞納をしてしまっているという方もモビットでお金を借りてしまえばすぐに支払いに必要なお金を準備できるでしょう。

モビットは審査の在籍確認時も書類確認で行うため、勤務先の会社に電気代に困っているなんてことは一切バレることはないので、安心してご利用いただけます。

電気代の滞納などをしていますと日常生活を送るのもままならなくなるなんて事態になりかねませんので、ぜひモビットを利用してお金を用意しましょう。

モビット

imasia_10956252_XL

電気代の滞納はいつまで待ってもらえるのか


電気代というのは、検針日から30日以内に支払うのが原則となっております。

そして31日目から50日目以内になりますと「遅収」という扱いになり、厳密にいえばこの時点で滞納となります。

「遅収」となっても31日目から40日目までは特に遅れていてもデメリットは発生しません。

ですが、40日目を超えると電気代未納分のお金に延滞金が発生してしまうので、この辺りからデメリットが生じてきます。


逆に言いますと40日目まででしたら支払いが遅かったとしてもデメリットは発生しません。

つまり、40日目までにモビットでお金を借りて、支払ってしまえば大丈夫ですので、ご安心ください。


モビット

imasia_10952076_XL

電気代未払い何ヶ月で送電停止になるのか


電気代未払いがある方は、何ヶ月で送電停止になってしまうか気になっている方もいらっしゃるかと思われます。

確かに送電停止なんて事態になってしまえば冷蔵庫やインターネット通信環境なども停止されるということになるので、日常生活に支障が出てしまうのです。

何ヶ月で送電停止なるかというのは電気会社によって異なってくるのですが、デッドラインは「50日間」と考えていただければと思います。

つまり1カ月半程度ほど電気代未払いを放置し続けると送電停止になる恐れがありますので、それまでには絶対に電気代未払い状態から脱しておきましょう。

モビットはWEB完結申込みで申し込めば周囲の人々に内緒で即日キャッシングできますので、こういった緊急時にも役立ちます。

ぜひ消費者金融モビットを利用して、電気代未払い状態から脱しましょう。

モビット

imasia_10933449_XL



※アコムの最大30日間の無利息キャッシングは、アコムでの借入が初めての方のみが対象となります。
※モビットの即日融資や審査時間最短30分については、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱になる場合があります。

 

公共料金 公共料金 電気料金   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る